ブロッコリースプラウトの優れた効果って?ダイエットだけじゃないんです!

ダイエットに効く!TVで話題のブロッコリースプラウト。

しかし、その効果はダイエットだけに留まらないスーパーフードでした。

その優れた効果効能をご紹介したいと思います。

ブロッコリースプラウトとは

ブロッコリーの芽であるブロッコリースプラウトは、スーパーでもよく見かけるようになりました。

あれです。カイワレみたいなヤツ。

しかし、そのチカラはカイワレと比ではありません。

ブロッコリースプラウトにはスルフォラファンが豊富に含まれています。

ブロッコリーの20倍以上も含んでいるんです。

スルフォラファンは大根おろしの辛味成分でもあり、健康に良い影響を与えるフィトケミカルです。

「大根おろしに医者いらず」と昔から言われているようにとても優れた成分と言えます。

ブロッコリースプラウト(スルフォラファン)の5つの効果とは

buro02_500

肝機能UPで代謝もUP

お酒ののみすぎや食生活の乱れによって肝臓はダメージを受けます。

肝臓は生きていくのに必要なたんぱく質の合成やエネルギーの代謝に関わっており、肝臓が弱っていると代謝も低くなって、痩せにくい体になってしまいます。

基礎代謝は、成人女性で1200キロカロリー、男性で1500キロカロリーとされており、全く運動しなくても一日これだけのカロリーを消費しています。

しかし、肝臓が弱っていると基礎代謝も下がってしまい、カロリーが消費されにくくなるのです。そんなのもったいない!

カゴメの研究により肝機能の数値が改善したとの報告があり、ブロッコリースプラウトは傷ついた肝臓を保護し、肝臓の機能を高め、代謝を良くし、痩せやすい体づくりをサポートしてくれます。

抗酸化作用

スルフォラファンには、ポリフェノールなどと同じように抗酸化作用があります。

肌を老化させる活性酸素を防ぎ、美肌効果が期待できます。

ダイエットだけでなく、美肌効果もあるなんてスゴイですよね!

がん予防

一生のうちでがんになる確率は2人に1人と言われている今、がんは決して無関係なものではなくなっています。だれにでもおこりうる病気なのです。

がんは正常な細胞が傷つき、異常な状態になってしまった細胞です。

傷つく原因となっているものは、発がん物質と呼ばれています。

しかし、発がん物質を無毒化する力は、本来私たちには元々備わっています。

スルフォラファンには、無毒化する力を高める効果があります。

そして体の解毒力を高めることで、がん予防が期待できます。

米国ジョンズ・ホプキンス大学のタラレー博士による研究で、アメリカでブロッコリースプラウトの一大ブームが起こり、一気にブロッコリースプラウトが有名になりましたね。

アレルギー体質の改善(花粉症・アトピー)

花粉症などのアレルギーをもっていたり、アトピーがある人は、免疫細胞の好酸球やIgE抗体の値が高くなっています。

スルフォラファンはアレルギーに深く関係する好酸球とIgE抗体を抑制する効果があると、東京理科大学とカゴメの研究による動物実験で確認されています。

人に効くかどうか未知数ですが、これからの研究結果に期待です。

育毛効果

近畿大学とリーブ21の研究により、乳毛頭細胞が1.8倍に増えたとの報告があります。

スルフォラファンは、育毛にも効果アリなんてスゴイ!

ブロッコリースプラウトの効果的な食べ方

これだけの作用があるとブロッコリースプラウトを毎日の食事に取り入れたくなりますよね。しかし、それほど一般的な食材ではないので、食べ方が分からない事もあります。

そこで、ここからはブロッコリースプラウトの効果的な食べ方を説明します。

どのくらい食べればいいの?

一度摂取すると、その効果は3日間持続します。

3日に1度でOKなのです。

加熱はNG

ブロッコリースプラウトに含まれているスルフォラファンは、食品中ではスルフォラファングルコシレートという物質で存在します。

お腹の中でスルフォラファングルコシノレートとミロシナーゼが反応することによって、スルフォラファンが生成されます。

ミロシナーゼは熱に弱いので、生で食べるのがオススメです。

サプリメントを上手く活用しよう!

3日に1回でも食べるのが面倒でムリ!と思った方、ご安心ください。

スルフォラファンのサプリメントがあります。

ブロッコリスプラウトについてのまとめ

こんなにスゴイ野菜があったなんて驚きですね。

私もスーパーに行ったときは必ず買って、サラダに入れて食べてます!

看護師は夜勤もあって、生活習慣や食生活が乱れがち・・

美容と健康の両方に効くので、オススメですよ。

buro01

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする